現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: グランフィール取り付け 名前:三浦ピアノ
2016/09/02(Fri) 13:26 No.503 


やぶ様、お問い合わせありがとうございました。
YU1SXGZへのグランフィール取り付けですが、
ヤマハのサイレントアンサンブルピアノの場合、
通常のピアノとは取り付けの方法には異なるアプローチがございます。
もちろん、サイレント+自動演奏機能を取り外すご予定であれば、取り外しの
費用対応はございますが、100%のグランフィールを体感いただけます。
サイレント+自動演奏を生かしたまま取り付けをされる場合は、グランフィールの
部品と自動演奏の部品が干渉する場合があり、対応策として
ドロップスプリングを取り付けせずに、グランフィールの設置をする、
ということを推奨いたしております。
ドロップスプリングの恩恵効果のひとつであるリムショット効果は、
レットオフ調整が特殊な消音ピアノでは得られるものが少なく、
むしろハンマーの形状や入念なセットアップによって、
リムショット効果に近い仕上げをお客様に提供させていただき
グランフィール本来の表現力を損なうことなく
サイレントアンサンブルとの両立が可能である、と考えております。
実際にご試弾された方からも、まったく差は感じられないとの
ご感想もいただいております。
弊社で推奨しております、消音ピアノへのグランフィール後付け
<ドロップスプリングオフ仕様>の取付価格は、通常の取付と同額にて
承りいたしております。
ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: