現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re;消音ユニットとグランフィール 名前:(株)三浦ピアノ
2018/04/15(Sun) 16:04 No.518  HomePage


ぴあのん様

お問い合わせありがとうございました。
お客様のピアノはベーニングとのことですが、
ベーニングの何と言う型番(商品名)でしょうか。
近年のベーニングであれば、おそらく高さ110cmくらいの小型モデルではないでしょうか。

グランフィールシステムは、どんなピアノに取り付けをしても、その表現力が3〜5割増しになります。
背の低いピアノでも消音ピアノでも、その割合は変わりません。

ただし、元のピアノの性能がベースになりますので

単純に申せば、100pointのピアノ=(A)は、5割増しで150pointになります。
そして70pointのピアノ=(B)なら、105pointになるわけです。

(B)にグランフィールを付けた場合、元のピアノからは大きな性能UPとなりますが
(A)と比べると、そのノーマルをわずかに追い越す程度ということになります。

その程度にしかならないのか…と考えるか、
そんなに性能が上がるのか!と考えるか
それに対して20万という取り付け料金が効果と見合うモノなのか…は、お客様の判断次第です。
百聞は一見に如かずです。ぜひ弊社渋谷店までご試弾にいらしていただければ幸いです。
お待ちいたしております。
※状況により、グランフィール付のピアノが店頭にない場合もございますので
念のためお電話にて在庫の確認をいただいた上でご来店くださいませ。よろしくお願い申し上げます。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: