現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 消音ユニットの取り外し 名前:(株)三浦ピアノ
2018/06/13(Wed) 11:35 No.527  HomePage


みの様、お問い合わせありがとうございます。
まず誤解のないように申し上げますと、消音ユニットを付けたままでもグランフィールの効果は十分に感じられます。他の部分の調整で底上げをすることにより、100%により近い効果を実現することが可能でもありますので、消音ピアノのままでの取り付けも併せてご検討いただいてよろしいかと存じます。
ただ、現状で消音ピアノが必要なく、お気持ちをすっきりさせるためにも消音ピアノを取り外されたいということであれば、技術者としては歓迎です。
ただし、筬の復元については、筬を切断したあとに適切な処置がなされていれば、復元する必要はなく、お薦めしません。
切り取られた筬の部分は、あくまでピアノを製作する際に鍵盤の位置出しとして必要だったもので、出来上がったピアノにはあまり有用な部分ではありません。カワイ以外のメーカーのピアノには付いていません(代わりに木製の薄い板や金属板で前後の橋渡しがされています)。
カワイでは、BL-12の筬は既に供給していませんので、もし同等の板材から復元するとなると単純な木工作業でできるものではないため、現場ではできません。費用も時間もかかり、かなりの大ごとになってしまいます。
筬の交換によるメリットもあまりなく…というより、精巧に計測された鍵盤位置を崩すことにもなりかねず、バランス/フロントレールの安定度も含めてデメリットの方が大きいように思われます。みの様のお気持ちはお察しいたしますが、筬の復元は考え直されることをお薦めいたします。
文字では説明しきれないところもありますので、もしお住まいがお近くでしたら、ぜひ弊社にご来店いただれば幸いです。
よろしくお願い申し上げます。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: