window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* 「俳壇」2月号 陽 美保子さんのお句

日時: 2010/01/21 12:57 メンテ
名前: ナツ女

お待たせいたしました、美保子さんのリレー競泳句最終33句が載りました。すでにご覧になったかも知れませんが、今ひととき美保子句の世界に浸ってください。

  麦の芽        陽 美保子

みづうみの波はみじかし草の花
啄木鳥の上りつめたる雲はやし
青空に飛びついて採る山葡萄
あふらるる鷗に九月果てにけり
秋光か微塵子か水うごけるは
角伐つて聡くなりたる鹿の耳
漸寒の流れて白き鳶の腹
雁の列水に映りて崩れたる
船釘となる木に後の月明り
秋潮へ出船の歩板外しけり
鳥たちの水を打ち合ふ紅葉かな
漸寒の塵取に蓋ついてをり
水音の鮭のふえくる月あかり
牧の雲鮭の骸と流れゆく
鮭の吻落葉溜りとなりゐたる
露けさの納め梵天束ねけり
雲影とまがふ山影冬仕度
輪になつて子どもの坐る冬隣
初冬の小学生のにほひかな
どろの木と冬の一日をともにせり
落葉松の日のはなやげり鳰
樅の木の朝影の濃き初氷
小春日や鴉にまじる名無し鳥
柳葉魚来る枯葭原の明るさに
露凝りて口角深き山の鳥
冬霧とちがふ白さの息吐きて
楤んぼの幹の直立雪待てり
霜月や黒牛の仔の生まれつぎ
靡藻の丈あをあをと寒波来る
麦の芽にはじめての雪ふりにけり
山空に日面ありぬ冬至粥
みづうみの風ふきかはる櫻榾
寄生木に日差しの戻る氷かな

 私の好きな句は沢山ありますが、下記が一番好きかな、と。

   みづうみの波はみじかし草の花
   船釘となる木に後の月明り
   輪になつて子どもの坐る冬隣
 
 
Page: [1]
* Re: 「俳壇」2月号 陽 美保子さんのお句 ( No.1 )
日時: 2010/01/21 22:26 メンテ
名前: きよみ
参照: http://www15.ocn.ne.jp/~kit/index2.htm

ナツ女さま、美保子さんの句の紹介をどうもありがとうございます。
北海道の雄大な自然が詠まれあり、ふるさとのように感じられました。
私は、
秋潮へ出船の歩板外しけり
が、一番好きですね。

大寒の次は立春ですね。心身を大切に自愛してまいりましょうね。 *
* Re: 「俳壇」2月号 陽 美保子さんのお句 ( No.2 )
日時: 2010/01/23 20:52 メンテ
名前: ナツ女

きよみさん、お久しぶりです。見て下さってありがとうございます。本当に後2週間もしない内に春の歳時記片手、それはやっぱり心浮き立つ季節です。
コメントから美保子さんのスレッドこちらに移しました。前の時もこうすればよかったのだ!と今頃気が付いています。

 投稿者:Mihoko 2010/1/23 18:11
いつもながら、徒然談話室に書き込めないので、こちらのスレッドで失礼します。
ナツ女さん、いつもアップとコメントどうもありがとうございます。きよみさん、いつも見ていただき、コメントどうもありがとうございます。
連載もなんとか最後までこぎつけ、ボーとしているところです。今年はこれからゆっくり冬眠いたします。読んでいただいた方々、本当にありがとうございました!
Page: [1]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存